銀行カードローンは総量規制対象外?

「カードローン」というサービスを大きく分けると、総量規制の対象となるものとならないものの2つに大別することが出来ます。基本的な考え方としては、「銀行が提供しているサービスは規制対象外」、「銀行以外が提供しているサービスは規制対象」となります。

簡単に見分ける方法としては、「商品名および会社名に銀行名が含まれているかどうか」です。各カードローンの公式WEBサイトを見てみると、タイトル(ページ最上部)に商品名と会社名が掲載されています。そこに銀行名が掲載されていない場合は消費者金融カードローンである可能性が高く、銀行名が掲載されている場合は銀行カードローンである可能性が高くなります。

総量規制と言われているものではない融資カードローンの魅力としては、審査次第にはなるものの「年収の半分以上の金額を借り入れできる可能性がある」と言う点です。規制対象となるカードローンの場合は、年収の1/3までしか借りられないという制限があるのに対し、規制対象外となる銀行カードローンなどは明確な上限が設定されていません。青天井で契約できると言う訳ではありませんが、条件次第では年収と同額の借入れが出来る可能性もあると言う意味では規制対象外のカードローンの方が魅力が大きくなります。

しかし、それだけの借入れが出来る可能性があると言うことは、それだけ審査も厳しく行われると言うことになります。ハードルは高いが契約後の環境が良いものが規制対象外のカードローンで、その逆が規制対象のカードローンと言えるでしょう。

Comments are closed.