運動によって血管も動いている

人の体はとても複雑で、血液は心臓の力だけで動いているわけではなくて、筋肉の動きによっても動いているということが分かっています。そのため、運動をすると筋肉が動き、血管も動き、それが血行を良くするということにもつながります。血行がよくなるということは、健康には欠かせな要素の一つです。何故かというと、血行がよくなると、体の隅々の細胞まで酸素や各種の栄養素が届くことになり、細胞の再生が活発になることや、一つ一つの細胞が元気になるからです。
ここでいう血行というのは血圧という意味ではありません。血圧は血を流そうとする力ではありますが、血圧が高いから健康になるというものではありません。あまりに高い血圧は高血圧という病気でもありますから、注意が必要です。
人の健康にとって運動というのはとても大切な要素であるということが昔から知られています。それは血行を良くすることが出来るということや、体に適度な負荷を与えるということによって、体が強くなるということがあるからです。人は何も負荷がないという状態がいいというわけではなく、適度な負荷があることで、成長をしていけるもののようです。筋肉も同じ姿勢をしていると硬直するという特徴を持っていて、これを解すという意味でも運動というのはとても大切な健康の要素となっています。血管を動かして血液の流れを良くして細胞に栄養を届けたり、老廃物を流したりなど、いろいろな働きがあるのです。血管年齢若返り体操についても合わせてチェックしていきましょう。

Comments are closed.