カードローンで借り入れするならどこが金利が低い?

カードローンを利用するのであれば、「金利の低さ」を最優先して借り入れ先を決める方法がベストです。金利が低いカードローンであるということは、それだけでそれ以下のカードローンと比較して大きなアドバンテージを持っています。

金利が与える借り入れへの影響は、「返済の負担の大きさ」です。金利が高ければ発生する利息が多くなり返済が大変になりますが、金利が低ければ発生する利息が少なく済むので返済が楽になります。返済の負担によって「債務不履行(返済不能)に陥るリスクを回避できる」という影響がある以上、カードローンを利用する時には「0.1%でも金利設定の低いものを利用して借り入れをする」ということを意識していくことが大切です。

一般的に金利設定が低いカードローンというと「銀行系」が該当します。母体となるものが銀行であれが銀行系という呼び方をされますが、厳密に言えば「銀行法で管理されている貸金業者・金融機関」がこれに当たります。銀行系カードローンを利用して借り入れをすれば、消費者金融系を利用した時には18%近い金利が設定されるものを15%以下の金利で利用出来る可能性があります。

ただし、これはあくまでも「借り入れ金額が少ない状況」の話です。数百万円の借り入れが出来るような状況では評価が逆転する可能性が高まり、必ずしも銀行系がおすすめとは言えない状況になる可能性もあります。重要なことは「自分がどの程度の金利に設定されるのか」という点で比較検討することです。

Comments are closed.